たりん

たりん

307
195
1

“本当にすきなものを、必要なだけ持つ”そんなミニマルな生活、憧れますよね。 

でも実際は、あれもこれも必要な気がするし、新しいモノは欲しくなっちゃうし、ミニマリストなんてほど遠い……。

それなら一か月間だけ、住まいをガラッと変えてみるのはいかがでしょう?

この有名建築に?

世界的建築家の黒川紀章が手がけた、カプセルが組み合わさったような外観の「中銀カプセルタワービル」

一つ一つのカプセルが住居になっており、部屋の中はユニットバスと洋室1部屋のみの究極にミニマルな空間です。

築46年と老朽化しており、快適とは言えない環境ですが、ここに住みたい!という人が続出する人気物件なんだとか。

¥2,160

1ヶ月限定で住めちゃうの!?

そんな価値のある建築に1ヶ月限定で住める「マンスリーカプセル」というプランが始まったんです。

インテリアを手がけるのは、なんと無印良品!

「生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくること」を商品開発の基本にすえている無印と、ミニマルな設備のカプセルタワービルは、お似合いの組み合わせなのかも。

賃料は、12万円と、銀座という立地としては控えめな気がします。

次の申し込みは11月30日(金)までですので、これを機にミニマリストを目指したい!という方はお早めに!

中銀カプセルタワービルで、日々の暮らしを見つめなおす1ヶ月を体験してみてはいかがでしょうか。

¥2,160

あわせて読みたい:




307
195
1

たりん

1992年生まれ。フリーランスの翻訳、通訳、ライター。東京・三鷹のカフェ「HAMMOCK」を運営したり、都内各地で映画上映会を開いたりしています。チェコ映画が好きです。

あわせて読みたい

powered by

Ranking