146
11
1

¥2,800

2~3歳になると、大好きなお父さんお母さん毎日もやっているお料理にも興味津々。

やってみたい! と思う子も多いようですね。

子どもがお料理したい!と言い出したら……?

1歳頃からおままごとセットで遊びはじめますが、2~3歳頃から本物を使いたがりませんか?

そんな時に、ついやりがちなのが「手を切ると危ないから」と、刃のない包丁を与えてしまうこと。

切れない包丁でぎゅうぎゅう力任せに切るのは、かえって危険

初めからきちんと切れる包丁を使わせたいものです。

そんなファースト包丁におススメなのがコチラ!

ポイントは3つ

きちんと切れる刃が付いている包丁を前提として子ども用の包丁を選ぶポイントは3つあります。

1.持ちやすく滑りにくい柄

2.刺さらない丸い切っ先

上の写真の赤いマルの先端部分ですね。

3.手を引っかけない丸いあご

一般的な包丁は四角く鋭利です。

この3つの条件を備えていれば、

子どもが安全に使いやすい包丁と言えると思います。

なんと言ってもこのくぼみ!

子ども用の包丁はいくつかのメーカーから出ていますが、くぼみがあるのはコレだけ!

ここがくぼんでいることで、正しい位置でしっかり握れて扱いやすくなっています。

¥2,138

残念なところ:せっかくのラインが左側だけ

この包丁は、刃がある部分白いラインが入っていて、ラインの下に指や手が来ないよう注意喚起するようになっています。

ただ、刃の左側にだけラインが入っているので、右利きの子にしか見えないのです。

左利きの子も使える両刃なので両側にあるといいですね。

子どもが使いやすい工夫が満載

他メーカーの商品にはないラインくぼみといった、安全に使うための工夫が満載

裏面の説明書きも、子どもが自分で読めるようにひらがなふりがなつきなのも素敵です。

実際に使ってみた小学生の娘も「なすの皮で滑らずよく切れて切りやすい!」と気に入っている様子。

本当に良く考えられた包丁だなぁと思いました。

子どもの包丁デビューにぜひ!

¥2,800

あわせて読みたい:



146
11
1

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking