林 美由紀

林 美由紀

510
276
6

今まで使っていたカメラが壊れて、もっぱら写真はスマホで撮影。

ちょっと素敵でいいカメラ欲しいなぁ。

見つけちゃいました、これだ!

デジタルだけどフィルムカメラ!?

SNS主流のこの時代に、カメラに足りないもの……。

一眼レフ級の性能を追い求めるべきなのか? スマホのように簡単に撮れて消せる性能を追い求めるべきなのか?

そこに浮かんだのは「1枚1枚の写真を大切に撮影すること」

そして誕生したのが「YASHICA digiFilm™ CAMERA Y35」というカメラ。

正真正銘デジタルカメラですが、フィルムに似た形状のモジュール「digiFilm™」をカメラの裏蓋からセットして使います。

数種類のdigiFilm™を撮影シーンによって入れ替えることで、仕上がりや画質が変えられるという驚きの仕組み。 まるでフィルムみたい!

サイズや形状はかつてのAPS フィルムに似たものとなっています。

現像モジュールのようなものが内蔵されていて、フィルムカメラと同じく、セットしているdigiFilm™によってISO感度や色味が変更されます。

こんな写真が撮れる!

digiFilm™ premium – YASHICA blue

少しのノイズを伴ったナチュラルな瞬間を切るとる。それは雰囲気のある蒼のトーン。

粗めの粒子で彩度は高コントラスト。ISO100-400

digiFilm™ – in my fancy

抑えた色あせ感で暖かいトーンを感じる。

フィルムグレイン効果があり、控えめで謙虚ながら型にはまらない感じ。ISO100-400

digiFilm™ – B&W

わずかに青の色調が黒の下に隠れている、モノトーン&ハイコントラストな写り。

フィルムグレイン効果のレトロスタイル。ISO100-1000

digiFilm™ – 6×6

インスタに最適な正方形フォーマットの6×6。

digiFilm™ – 200

シャープな高画質フィルム。スタンダードなカラーバランス。

ISO100-400

digiFilm™ – 1600

暗いところでもハッキリと色を捉えることができる、ハイコントラスト高感度フィルム。

フィルムグレイン効果もあり、動きの早い被写体も捉えます。ISO 300-600

撮りたいシーンを思い浮かべ、それに合う画質や仕上がりを叶えてくれるdigiFilm™ を選ぶ。そして、1枚ずつ大切に撮影するということ。

まるでフィルムカメラのいいところが最新の技術で生まれ変わったかのよう!

¥1,580

形も昔のまま!

1965年に発売された世界初の電子制御式35mmフィルムカメラだった「Electro35」は、シリーズ累計500万台以上を販売した大ヒット商品。

昔使っていた! という人もいるかもしれないですね。

そんな往年の名機の美しいフォルムが、そのまま「YASHICA digiFilm™ CAMERA Y35」に受け継がれています。

フィルム巻き上げレバーに、裏ブタを開けてフィルム(Y35はdigiFilm™)を入れ替えて撮影するという、当時のフィルムカメラでは当たり前だったギミックも満載!

トラディショナルな見た目と革新的な技術。

これはまるで羊の皮をかぶったオオカミといえるかもしれません。

米クラウドファウンディングサービスKICKSTARTER で約1.4 億円、米INDIEGOGO で約1.7 億円、累計3.1 億円もの支援を集めて製品化が決定し、世界中から注目を浴びました。

現在、米国に続いて国内でのクラウンドファウンディング「」でも資金調達中で、ファンディング期間残り30日以上を残して、すでに500万円以上を調達しています。

自分でシーンに合ったdigiFilm™を選び、1枚ずつ大切に撮影する。

こんな風に写真を撮れるなんて楽しくないはずがない!

あわせて読みたい:



[PRTIMES]
510
276
6

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking