林 美由紀

林 美由紀

102
63
7

昼間は太陽、夜は電灯や街の灯りの下で暮らす私たち。
でも、明りはいつでもどこにでも無限にある訳でもない。

だからこそ、太陽を詰め込んだ灯りを持ち歩こう。

太陽のエネルギーを灯りに

Image: Amazon.co.jp

「」は、ソーラーパネル搭載のライト。
太陽の光で充電しておけるので、使用する際のコードなどは必要ありません。
約8時間でフル充電することができ、弱モードで最大12時間使用することが可能。

Image: Amazon.co.jp

太陽光で充電しておけば、どこでも簡単にライトアップ。
ソーラーでありながら、しっかり明かりを灯してくれます。これならアウトドアでも活躍しそう。

ぺちゃんこ・軽い

Image: Amazon.co.jp

素材はまるで紙のように柔らかく、厚さ1.5cm、重さ75gの超コンパクト設計!
折り畳んでリュックやテントにキーホルダーのように取り付けて、簡単にバッテリーをチャージできます。
使うときは、上下のベルト部分を引っ張るだけでサイコロ型のランタンに変身〜。

防水で安心

Image: Amazon.co.jp

また、防水仕様になっているので、海や川など水辺でも気にせず使えます。充電中や行動中、キャンプ中の突然の雨でも慌てなくて大丈夫!

もちろん、自宅でもベッドルームや階段、食卓などにやさしい光を灯してくれます。

コンパクトに折り畳めて場所を取らないので、緊急時用に準備しておくのもよさそうです。

昼間は太陽をたくさん吸収して、夜になったら太陽になって明かりを灯してくれる「solar puff」。
さあ、太陽を持ち歩こう!

¥3,672

[Amazon]
102
63
7

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking