277
135
5

快適な自転車でのツーリングや、週末の楽しみのアウトドア。

しかし、いきなりの雨になどで、体が濡れるといきなり憂鬱な気分に……。

これからの時期は体温も奪われるし、まさに死活問題ですよね。

何かと話題のワークマン

そこで頼れるのがワークマンの「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」

こちらは、ワークマンのアウトドアライン「field core」の商品です。

ネオンカラーの効果もあってか、ワークというよりスポーティーな印象ですね。

上下セットで4,900円(税込)とレインウェアとしてはかなりお手頃ですが、その実力は……?

性能は本格派

なにはなくとも、一番重要なのは耐水性ですよね。

商品のパッケージには、「耐水圧10,000mm。透湿度5,000g/㎡/24h」とあります。

大雨にも耐えられ、内部の湿気は逃がしてくれるそうで、価格に似合わずなかなかのハイスペック。

ちなみに、一般的な傘の耐水圧は250㎜程度、テントだと2000㎜以上のものが多い印象です。

裏地をみると、ステッチ部分も防水加工なのが分かります。これは期待していいかも……?

¥9,720

シャワーで検証しましたよ

数値だけだといまいちピンとこないので、シャワーを浴びて試してみました。

まずは上着から。アップにすると水滴がしっかり弾かれてますね。

そして上着を脱いでみると……

おお! 全然濡れてない!

水濡れが分かりやすいよう下にグレーのスウェットを着てますが、しっかり守ってくれましたよ~。

コスパの良さがここで光る

自転車で一番濡れやすい太もも部分にも、重点的にシャワーを当てていきます。

こちらも合格です!

耐水性は長く使うとどうしても落ちてしまうものだからこそ、このお値段なら潔く買い替えやすいのもいいな~と思ったり。

ディティールも雨対策に抜かりなし

雨が入りやすい手首もきっちり閉められるし、

足首にもスナップ付き。ゴムタイプより快適で、着脱がラクなのがうれしいポイント。

もちろん、ポケットだって防水仕様ですよ。

これなら雨の日の自転車通勤も安心できそうだな~。

着心地も◎

腕を上げやすいおなじみの立体縫製は、さすが作業服の老舗メーカー。

生地は「4WAY STRETCH」で自在に伸びるので、動きやすさもお墨付きです。

上下セットでも590gと軽く、薄手でゴワゴワしないので、アウトドアなどアクティブに動きたいときにもバッチリですね。

雨の日だけじゃなく、デイリーでも活躍してくれそうです。

残念なところ:フードの視界が惜しすぎる……

自転車ユーザーとしては、フード部分が透明なら完璧なのになぁ……、と思ってしまったり。

ヘルメットの上からかぶれるフードなので、バイクの方は問題ないと思います。

ただ、この性能でこのお値段なので、そこまで求めるのはちょっと欲張りすぎ……かな?

ライダー目線の機能がうれしい

上着は、後ろが長いサイクルカット。裾の裏に滑り止めまでついて、まくれ上がる心配もない親切設計です。

フードを使わないときは止められ、風でバタバタしないのでとっても快適。

細かいところまで、ライダーのことを考えて作ってくれてる! と感動しちゃいます。

値段も機能も大満足なワークマンウェア、2019年もよろしくね。

¥9,720

あわせて読みたい:



277
135
5

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking