林 美由紀

林 美由紀

230
21
5

「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」

数あるジブリ作品の中でも、「魔女の宅急便」は魔女見習いのキキの成長を描いた人気の作品ですね。

そんな「魔女の宅急便」は今年2019年に劇場公開30周年を迎えるのだそう。 そして、BABY-Gは今年で誕生25周年。

そんな2つの人気者がコラボレーションしたそうですよ!

魔女宅×BABY-G

今年、劇場公開30周年を迎える「魔女の宅急便」と誕生25周年を迎えるBABY-Gとのコラボレーションモデル「」が4月上旬に発売!

「BABY-G」といえばきっと一度は見たことがある、90年代に絶大な人気を得たデザインを継承したBGD-501のモデルがベースになっています。

小さくてかわいいサイズにカクッとした形、まさにBABY-Gという感じですね〜。

¥1,980

普段使いでも使える!

ボディはマットなブラックカラー。

文字盤のグーチョキパン店のカウンターで店番をするキキは「魔女の宅急便」劇場公開時のポスターをイメージしており、内蔵されたバックライトを点灯するとキキが働く「グーチョキパン店」のロゴが浮かび上がる仕様。

とはいえ、ぱっと見でキャラクターが前面に押し出されている訳ではないので、さりげなく魔女宅の世界観を持ち歩くことができそう。

普段の暮らしに馴染んでくれること間違いなし!

¥2,846

 あわせて読みたい:



[PRTIMES]
230
21
5

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking