13
7
1

コーヒーや乾物を保存するときに使う、ガラス製のキャニスター

ぽてっとした見た目がかわいらしく、見せる収納としても大活躍のアイテムです。

そんなキャニスターの、食べ物だけじゃないとっておきの使い方をご紹介しますよ〜!

古道具屋さんで見つけたキャニスター

4,320円(税込)

こちら、目黒通りにある古道具店、道具屋まるかくで見つけたガラス製のキャニスター

まるかくは、和食器を中心とした、明治、大正、昭和初期の様々な日用品を、リーズナブルな値段で売るお店です。

今回、お米を入れるキャニスターを探していたので、これだ!と思って購入しました。

見た目はごくシンプルですが、まんまるな取っ手と、英字が刻印されたフタがなんともかわいい。

このキャニスターが、想像以上にいろいろ使える、万能アイテムでした!

¥1,045

米びつにぴったり

まずはお米を入れて、米びつとして。

中身が見えると、お米の残量が一目で分かって便利ですよ。

そして、米びつとして使うときに大事なのが、口が広くて手を入れやすいこと

ホームセンターなどで探していても、口がこれだけ大きいものにはなかなか出会えなかったんですよね……。

もう少し細長いタイプのものであれば、パスタを保存するのにも使えます。

衛生的に保てる!

他にも、お気に入りのお菓子を詰め込んでみたり……

机の上でかさばるコットンを詰め込んでみたり、使い方は無限大

フタ付きでホコリを被らないので、中に入れたモノを衛生的に保てるのが、キャニスターのいいところ。

ガラス製だから、洗面所などの水回りに置いても中が濡れることなく安心です。

ディスプレイにもなる

お気に入りの雑貨を詰め込んでみると、なんだか一気に特別感が……。

収納として使えるだけでなく、ディスプレイしたように中身が美しく見えるのも、お気に入りポイント。

ただでさえ大好きなモノも、もっと好きになってしまう、それがキャニスターの魔法です。

ただのバナナも心なしか輝いて見えるような……見えないような……。

残念なところ:密閉性がない…

こちらのキャニスター、残念だったのがフタにシリコンがついていないこと。

スカスカというほどではありませんが、食べ物をそのまま入れて美味しく保存するにはちょっと不安かな……。

お米用として買ったものの、米びつをお探しのみなさんにはぜひ、シリコン付きの密閉性の高いものをオススメします。

ドライフラワーも飾れる〜

お花の全景が見えるので、ドライフラワーや生け花を飾っても、うっとりするほど美しい……。

小さめのブーケをキャニスターの中に丸ごと入れて、フタをしてディスプレイするのもオススメです。

いろいろ使えて便利なキャニスター、次は何を入れようかな〜。

¥994

あわせて読みたい:



13
7
1

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking