むく太郎

132
42
2

あっという間に卒業シーズンです。

4月に向けての新生活もさることながら、今いる仲間と想い出作りの小旅行。

そんなちょっとしたや旅先でも使えて、普段使いにもラフに持ち歩けるバックパックが欲しいなぁ。

贅沢なその悩み、アウトドアのノースフェイスが解決してくれますよ!

ノースフェイスならではのアイテム

ビビッドなコバルトブルー。

ノースフェイスならではの、目を引くカラーリング

このフライウェイトリーコン、いわゆるポケッタブルバックパックと呼ばれるもの。

カラー展開も豊富です。

¥4,946

収納も申し分ない

容量は22Lサイズ。

メインの収納部分とショルダーポケット、そしてサイドポケットを両サイドに装備

アウターで着てたパーカーと財布、手帳なんて一緒に入れても余裕ありますね。

荷物の方が重い。それだけ本体が軽いんです

このバックパック、なんと重さ260g。

分かりやすく言うとりんご約1個分。使用時、縦45x横28xマチ12cm。

このサイズ感、普段使いでもなんら不満はないですね。

こんなにコンパクト。持ち運びに最適

フライウェイトリーコンの最大の特徴でもある「携帯性」

折りたたみながら、本体内側にあるポーチ型のポケットに収納してジッパーを閉めれば。

これが収納時!

手のひらサイズに。コンパクトすぎますね。

通気性抜群のメッシュ

快適な使用感は、素材からも分かります。

ショルダー部分と背中部分は通気性の高いメッシュ素材を採用。

軽さと蒸れにくさ、長時間使用でも快適に背負える仕様が嬉しいところ。

そして、コストパフォーマンスが高い

こちらのバックパック、3月1日現在、Amazonで5,000円を切ってます。

22Lバックパックで使い勝手よし、収納時は手のひらサイズ、そして豊富なカラーリング。

さすが、ノースフェイス!

気になるところ:肩から外れやすい

ちょっと気になっているのが、素材ゆえの滑りやすさ

ショルダーストラップ、少し体勢を傾けるとスルっと落ちやすくて、惜しいところ。

しっかりと背負えば、全然カバーできる範囲かとは思いますが。

出掛けたくなるこの春、買いのアイテム

寒さが緩みはじめるこの時期。

お気に入りの場所へフラっと出かける時の強い味方になるのは、コンパクトで軽いバックパック、フライウェイトリーコン。

今が買いかもしれませんね!

[Amazon]

¥4,946

あわせて読みたい:



132
42
2

DIYブログ「SHIe」執筆者。 民家改装という大仕事に触れ、DIYの楽しさ・素晴らしさに気付き、のめり込んでしまった平成生まれのサラリーマンです。 そこから生活の仕組みを探し始め、ブログ「DIYサラリーマン・むく太郎EX」を2015年より執筆。 2017年ごろから、DIYでさまざまなチャレンジをし、人生が大きく変わっていく。 「どうやったら、今より、良くなるか」 これがぼくの「DIY」の軸。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking