南條祐弥

南條祐弥

67
45
1

LOFTで見かける度に気になっていた商品。

それは「ほぼ日のアースボール」です。

商品には「ほぼ日が、あたらしい地球儀を作りました。」の文字が……。

これは気になる~! ということで購入。

アースボールの魅力をたっぷり紹介します♪

精密で正確。地図のクオリティーが高い

ほぼ日アースボール 税込5940円

アースボールは、直径約27cmで空気を入れて膨らませて使います。

水上での使用できないのでご注意くださいね〜。

描かれた地図の縮尺は、1:47,650,000

最新の人工衛星のデータをもとに作成したそうです。

国名や国境線、首都や大都市などだけでなく、有名な建築物や世界遺産などの情報も盛り込まれています。

眺めているだけで、十分勉強になりますが……

ほぼ日のアースボールには、それ以上に驚く仕掛けがたくさん!

¥5,940

最新のAR技術を駆使した「地球」を楽しむ地球儀

専用アプリをインストールすれば、AR技術を活用したコンテンツを楽しめます。

アプリを起動して、コンテンツを選んでタップ。

あとは、スマホやタブレットをアースボールにかざせばOKです。

世界中の写真や動画を見たり、立体的に地球を眺めたり。

どのコンテンツも丁寧に作り込まれているので楽しいです。

「世界の国々」というコンテンツを使えば、世界の国旗が立体的に表示されます。

日本の国旗をタップすると、日本の情報がいっぱい!

気になる国があれば、すぐにチェックできますよ。

「昼と夜の地球」では、昼夜の世界の様子をのぞけます。

見てるだけでワクワク。美しいグラフィックもステキです。

「小学館の恐竜図鑑」では、恐竜の化石情報を学べます。

リアルな恐竜のイラストと説明文付き。地球の神秘を体感できました。

アースボールがあれば、あらゆる視点から地球を学ぶことができますよ。

全部のコンテンツを紹介しきれないので、ぜひ実物でたしかめてほしいです。

地理が苦手な人でも安心のコンテンツ

「国名は知っているけど、場所がわからない……」という人でも大丈夫。

そんなときは、「おしえてゾウさん」が役に立ちます。

友達が暮らしている「パース(オーストラリア)」を検索してみると……

ゾウさんがおよその場所を教えてくれるんです。

国名でも都市名でも探せるので便利。

力の抜けたゾウさんが可愛くて、ほっこりした気持ちになります。

残念なところ:読み込みに時間がかかる……

情報量が豊富なだけあって、アプリのインストールに時間がかかります。

アプリをインストールした後も、各コンテンツの読み込みに時間が必要です。

アースボールで遊ぶ前に、アプリのインストール&コンテンツの読み込みを完了させておくのがオススメです。

遊び要素があるから子どもも楽しい

一般的な地球儀は真面目なイメージですが、アースボールは違います。

さすが「ほぼ日」。遊び心詰まったコンテンツが面白いんです。

大人の私でもクスッと笑っちゃいました。

たとえば、「ぐるぐる一年生!」

顔写真を選択すれば、アースボールの周りを飛び回るように表示してくれます。

軽快な「小学一年生」のメロディーが流れて、陽気な気分なりました。

「まわるデカモジ」では、写真ではなく好きな文字が回ります。

とくに面白いのが「ぼくの地球」です。

好きな写真をアースボールに投影できるというのシンプルな仕組みですが、これが意外と笑えました。

お好み焼きを投影すると、地球がお好み焼き柄に♪

友人の顔やペットの写真だと、もっと盛り上がりそうです。

地球儀が身近な存在に

軸のしっかりした硬い地球儀は、触れると壊れそうで心配。

でも、アースボールはボールのように気軽に遊ぶことができます。

リビングに転がしておくこともできます。

家族団らん、和気あいあいと親しめるんです。

今はボール遊びしている娘ですが、世界に興味をもってくれたらいいな。

遊びが学びに繋がっていく予感♪

「家族で海外旅行、どこに行きたい?」なんて話も盛り上がります。

アースボールのある暮らし、おすすめですよ。

¥5,940

あわせて読みたい:



67
45
1

南條祐弥

大阪出身、東京在住。食と健康、女性のライフスタイルについての記事を執筆する薬膳ライター。家族が笑顔になる、暮らしが豊かになるアイテムを探すのが好き。家事・育児経験を生かし、衣食住が楽しくなる情報を発信します。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking