小池田

小池田

149
35
5

スキンケアのなかでも大切なことのひとつ、それは保湿。

化粧水に乳液、美容液、クリーム……いろいろあって何をどうしたらいいのかわからない!

そんな私でしたが、コイツと出会ってから毎日のスキンケアが変わったのです。

プレ化粧水、はじめましょ

無印良品「導入化粧液 200ml 」1,290円(税込)

そのアイテムとは、ずばり無印良品の「導入化粧液」。

導入化粧液ってなによ?と思っていましたが、要は化粧水の前に使用する“プレ化粧水”のこと。

コイツを先に使用することで、美肌成分が角質層まで浸透しやすい肌に整えてくれるのだとか……。

フタを開けるとこんな感じ。穴が大きめなので、バシャバシャと手に出しやすい〜。

使い始めのころは、たったコレだけで何か変わるの……?と思っていたのですが……。

敏感肌にもやさしい成分

使い方はカンタン、洗顔のあとに適量を手やコットンにとって顔になじませるだけ!

導入化粧液をなじませたあとは、化粧水や乳液などいつものスキンケアをすればOKですよ。

いつものアイテムを変えずともコレひとつプラスするだけでいいので、スキンケアずぼら派の私にとってはハードルが低かったんですよね〜。

サラッとした質感で、肌になじませた感じもとにかくサッパリ。

岩手県釜石の天然水を使用しており、天然うるおい成分としてツバキ種子エキスなど5種類の植物エキスとアンズ果汁が配合されているだとか。

無香料・無鉱物油・無着色・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー……と、とにかく肌にやさしそうな特徴が目白押し!

実際、敏感肌の私でもピリピリしたり肌荒れすることなく毎日使えているので安心かも……。

肌をうるおす保湿浸透水 バランシング(化粧水) べたつきを抑える [乾燥肌 敏感肌]

関連商品: 肌をうるおす保湿浸透水 バランシング(化粧水) べたつきを抑える [乾燥肌 敏感肌]

¥1,512 Amazonで見てみる

気になる使い心地は…

たしかに使ったあとは、化粧水がグングン肌に浸透していくような感覚が。

昨年の発売時から使い続けて、もうリピ3本目の私。乾燥しがちな肌も例年よりも落ち着いているな〜とじわじわ実感しました……。

「これ、本当に意味があるのかな……?」と使うのをやめてみたこともあるのですが、やっぱりなんとなく化粧水のノリが悪いんですよね……。

正直なところ私にとっては、化粧水自体をグレードアップするより導入化粧液をプラスしたほうが肌がうるおうように感じました。

シュッと保湿の習慣を

個人的には、別売りのスプレーヘッドに付け替えるのがおすすめ!

保湿はとにかくスピード命。お風呂から上がったらこのスプレーをシュッ。

着替えるまでのあいだのつなぎにもなりますし、夏場は冷やして使ってもひんやりして気持ちいいですよ〜。

残念なところ:なんか黄色いような…?

他の化粧水と並べてみるとわかるのですが、導入化粧液はほんのり黄色がかった色味。

最初はあれっ大丈夫……!?と思ったのですが、劣化などしているわけでなくもともとの色なのでご安心を!

ライン使いでうるおい肌へ

私は無印良品の化粧水、乳液とライン使いするのがお気に入り。

この組み合わせが、どんなコンディションのときでもしっかり保湿してくれるお肌のベストパートナーなのです。

肌のうるおい不足を感じているなら、一度は使ってみてほしい無印良品の導入化粧水。

お肌がゆらぎやすい季節の変わり目をのりきりましょう!

M-mark アミノ酸浸透水

M-mark アミノ酸浸透水

¥883 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:



導入化粧液 200ml[無印良品]

小池田

北海道うまれの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです。

feature

Oferte-noi.infoスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking