むく太郎

55
35
1

ちょっとした作業スペースになったり、ひと息つきたい時にあると便利なサイドテーブル

使わないときはコンパクトに収まって、デザイン性もよくて高機能ならベスト!

それなら厚さ2.5cmまでコンパクトになる、すごいやつがあります。

キャンプメーカーがつくる高スペックテーブル

camping moon アウトドアテーブル 5,480円(5/10時点Amazonでの価)

キャンプメーカー「キャンピングムーン」から展開されている、「焚き火テーブル」。

使用時のサイズは、幅55×奥行35×高さ37cmとコンパクトながら、サイドテーブルとしては十分なテーブルスペースを確保しています。

1人用の作業スペースやお気に入りのチェアに腰掛けて、ゆっくりと読書したりするのに重宝するサイズ感!

組立も工具いらずであっという間!

組み立てはとても簡単。

天板にすっぽり収まっている脚の部分を、天板のサイドにある金具を拡げて取り外し、そのまま天板を載せるだけ。

拡げた金具を元の位置に戻せば、脚がロックされて、すぐに使用できます。

このスタイリッシュなフォルムで、なんと50kgの重さにも耐えられるんです!

特殊加工されたステンレスの天板

0.8mm厚の天板はステンレス製でタフな仕様

そして、ただのステンレスというだけでなく、熱に強く、汚れもつきにくい特殊エンボス加工が施されているんです。

表面のこの模様、照明や光の具合でも印象が変わるから何気に好きなんですよね。

両サイドの天然木も味があって、どんな部屋にもマッチしそうな風合い。

家使いでこそ重宝する理由

このテーブル、部屋使いでめちゃくちゃ重宝しています。その理由は、タフなのに扱いやすいこと。

本体重量は、2.8kgとステンレス製テーブルとしては軽めなのですが、安定性にも優れているのが特徴。

なんと言っても、耐熱性500℃なので鍋やダッチオーブンを直に置いても問題ありません。

ダイニングテーブルの補助的な使い方もよさそう!

残念なところ:ちょっと滑りやすいかも

このアイテムの気になるところは、エンボス加工しているがゆえに滑りやすいところ。

汚れが落ちやすかったりする半面、食器や小物を置く時にはいつもより慎重に。

まぁコルクのコースターなどを敷けば、この問題はほぼ解決します!

収納時の厚さ、なんと2.5cm

収納時は、天板に脚を戻すだけ。

そして、専用ケースに入れてしまえば、持ち運びもラクラク~。

取っ手付きでどこでも持っていけそう。

これだけで2.5cmの厚さになってしまうんだから、収納場所を選ばびませんね!

インテリアにも馴染むコンパクトテーブルは使い勝手◎

気軽に取り出して、広げれば一瞬にして作業スペースができ上がり。

シンプルなデザインはどんな部屋にもマッチするスグレモノ!

さて、お気に入りのチェアに腰を下ろして、ゆっくりコーヒーでもいただきましょうか。

あっ、「焚き火テーブル」だけど天板上での焚き火はできませんので、ご注意を!

¥5,480

合わせて読みたい:



DIYブログ「SHIe」執筆者。 民家改装という大仕事に触れ、DIYの楽しさ・素晴らしさに気付き、のめり込んでしまった平成生まれのサラリーマンです。 そこから生活の仕組みを探し始め、ブログ「DIYサラリーマン・むく太郎EX」を2015年より執筆。 2017年ごろから、DIYでさまざまなチャレンジをし、人生が大きく変わっていく。 「どうやったら、今より、良くなるか」 これがぼくの「DIY」の軸。

feature

外でしか使わないのは、もったいない…! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by

Ranking