sato

sato

110
201
3

もうすぐ来てしまう梅雨シーズン

急に降ることもあるので携帯に便利な折りたたみ傘派なのですが、1度差して濡れてしまうと、かばんにしまえないのが難点。

かといって折りたたみ傘をずっと手で持つには不便……そんなプチイライラを解決してくれる傘が無印良品にあります

長いままでも、折りたたんでも

無印良品 2通りにたためる折りたたみ傘 2,990円(税込)

長いままでも、折りたたんでも、まとめられるようになっています。

ということはつまり、ふつうの傘としても、折りたたみ傘としても使えるというわけです。

ギンガムチェックの他、シンプルなネイビーや黒もあります。

シーンに合わせて使い分け

長いまま持つ場合、ふつうにクルっとまとめるだけ。

付属の傘袋にも長いまま入れることができます。

1度使って濡れてしまったら、この状態のほうが持ち歩きやすいです。

折りたたむ場合も、通常の折りたたみ傘の要領でOK。

折りたたんで、まとめて、傘袋に入れて……

袋を半分に折ってボタンを留めると短くなります。

まだ降っていないけれどかばんに入れておきたい時は、コンパクトなこの状態で。

残念なところ:ちょっと小さいかも

実際広げてみるとちょっと小さめな印象。

折りたたみ傘としては平均的なサイズ感の53cmですが、メインの傘にするには心許ない感じもします。

台風や嵐予報の時には、もう少し大きめの傘を持って出た方がよさそうです。

ボタンにもひと工夫

実はこの傘、もうひとつ小さな工夫が。

傘をクルっとまとめる時、どちら巻きなのかそれとなく確認しているはず。

この傘はその必要がないんです。

なぜなら、まとめるテープの両面にボタンが付いているから。

左右どちらから巻いても留めることができます。

シンプルで機能的な雨グッズが充実の無印。

梅雨の前にチェックしてみてはいかがでしょう。

[無印良品]

合わせて読みたい:



110
201
3

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking