SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

336
68
10

これからの季節、機会が多くなってくるBBQやキャンプ。

缶ビールや缶ジュースって必ずと言っていいほど、飲みきる前にぬるくなってしまうんですよね……。

そんな悩みを解決してくれるアイテムを発見しました!

「クージー」とはなんぞや

patagonia「Long Root Ale 2 クージー」972円(税込)

こちらは、パタゴニアの「クージー」。

クージーというのは、アウトドアシーンなどで使われ始めた保冷効果のあるドリンクカバーのこと!

さまざまな素材で発売されていますが、このクージーはパタゴニアのウエットスーツの端切れから作られているのが特徴です。

触ってみると、ふわふわとしたスポンジのような手触り。手になじむので結構持ちやすい〜。

ウエットスーツの素材なので、断熱効果はバツグン

結露でテーブルが濡れるのも、手が冷たくなってしまうのも防いでくれます。

¥460

肝心の保冷力はというと…

気になるのはやっぱり保冷力。

右はサーモスの「保冷缶ホルダー」。魔法瓶と同じ真空断熱構造になっており、驚異的な保冷力があることで人気のアイテムです。

この2つを温度計を使って比較してみました!

ビールの温度はフレーバービールに最適な10度を少し上回った約14度

気温28度で約30分放置した後、ビールの温度を再度計ってみたところ……

パタゴニアのクージーは+6度で20度
サーモスの保冷缶ホルダーは+4度で18度

30分後、その差は2度!

正直なところもっと大差がつくと思っていましたが、クージーが大奮闘。実用的な差はほとんどないかも?

携帯性だってバツグン!

サーモスの保冷缶ホルダーは、こんな感じでポケットがパンパンになってしまい、常に持ち歩くには少し不便……。

クージーはすごく薄いので、ポケットやカバンの隙間に忍ばせておいても気になりません!

重さはたったの15g。なんと、愛用のボールペンより軽かったのでびっくり……。

これなら登山や旅行、野外フェスなんかにも気軽に持っていけそうです!

残念なところ:サイズはひとつだけ

350ml用のワンサイズしかないので、ロング缶だと7割ぐらいしかカバーできないのがちょっと残念なポイント。

だけど、僕は最初にグビッと3割ぐらいは一気に飲んじゃうので問題なしかな〜。

パタゴニアのクラフトビール、知ってた?

ところで、さっきから登場しているこのビール……実はパタゴニアから発売されているもの!

(左) Long Root PALE ALE 500ml アルコール分5.5%
(中) Long Root PALE ALE 355ml
(右) Long Root WIT 355ml アルコール分4.9%

ロング・ルート・ペールエール(青)とロング・ルート・ウィット(白)は、カーンザという多年生穀物が主原料。

カーンザは、「ロング・ルート」= 長い根を地中深く伸ばす特徴があるのだそう。

※多年生穀物「カーンザ」使用。麦芽使用率が50%未満のため、日本では発泡酒に分類されます。

これを栽培することによって土壌内の生物の多様性を回復させることに寄与している「地球に優しいビール」なのです。

う〜ん、環境保護に力を入れているパタゴニアらしいですね。

フルーティーで贅沢な味わい

青い缶のPALE ALEは、柑橘類の香りをほのかに感じさせながらも、ドライな苦味をしっかり残しているバランスのとれたクラフトビール。

白い缶のWITは、先月発売になったばかりの新商品

さわやかでフルーティーなテイストが特徴的な白ビールで、ビールの苦味が苦手な友達も「これなら飲める!」とグビグビいってました。

こんなにおいしいビールも、クージーがあれば冷えたまま飲めるなんて最高だ……!

アウトドアに贅沢な彩りを

実用性だけでなく、見た目もかわいいクージー。

パタゴニアらしいウィットに富んだデザインで、他にも数種類のパターンが発売されています。

何枚か用意しておけば選ぶのも楽しそうだし、誰の飲みものかわからなくなってしまった!なんてことも防げそう。

アウトドアで飲むビールって格別。

そんな素敵な瞬間だからこそ、いつもよりちょっとだけ贅沢してみませんか?

僕も今年の夏はクージーを被せたキンキンに冷えたビールで、最高のひとときを過ごしたいと思います!

[patagonia]
[patagonia]
[patagonia]
[patagonia]

¥460

あわせて読みたい:


336
68
10

SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking