林 美由紀

林 美由紀

20
13

新緑のにおい、雨が降る前のにおい、好きな人や好きな場所のにおい……。

私たちは「香り」に支配され、日常を送っているのかも。

じゃあ、あの文豪を取り巻く香りってどんなものだったんだろうか?

太宰作品を香りで紐解く

アロマを手軽に、自分だけに香らせて楽しめるソニーのパーソナルアロマディフューザー「AROMASTIC(アロマスティック)」。

手のひらサイズの本体にカートリッジをセットし、ボタンを押すことでどこでも香りを楽しめるのだとか。

カートリッジには複数の香りが入っていて、本体のダイヤルを回すだけで気分に合わせて香りも切り替えられるのが特徴です。

シーンにあわせたさまざまな香りを展開するこのカートリッジに「文学の香り 太宰治」が新たに登場するそう!

太宰治の文学作品を”香りで紐解く”って一体どういうことだ……?

¥7,300

太宰の世界にトリップできるかも

新たなラインナップ「香りのエンタテインメントシリーズ」の第1弾として、太宰治の生誕110周年を記念して発売されるこの香り。

太宰の出身地・青森県五所川原市などで構成される「太宰治生誕110年誘客促進実行委員会」の協力のもと、太宰治の代表作「人間失格」の中で印象的な5つのシーンを厳選。

それらのシーンにただよう香りをイメージしたオリジナルの香りとなっているのだとか。

初めて好きになった女性を思い出して涙する瞬間や、結婚を決めた幸せな瞬間……。

太宰を取り巻く世界がどんなものだったのか、想像を掻き立ててくれそうですね。

香りと共に、より深い体験を

購入特典として、同作をはじめとする太宰作品の紹介や各シーンの解釈、香りに関する解説本が付属するそうですよ。

太宰への理解がもっと深まりそうなこのカートリッジは、2,980円(税抜)にて販売予定。

6月19日(水)の発売に先立ち、5月15日(水)より予約を開始しています。

予約はなどからできるそう。

落ち着く?心が乱される?香りと共に太宰作品を読めば、新たな発見があるかも……。


¥7,300

あわせて読みたい:



20
13

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking