ちゃなまる

ちゃなまる

71
29
2

フェスやアウトドアが楽しいベストシーズンが到来しました!

しかし、6月に怖いのは、やはり雨という存在……

濡らしたくないスマホや財布を守りながら、身軽に活動できたら最高なんだけど……。

THE NORTH FACEのフラットケース

THE NORTH FACE 「GRフラットケースS」 税込4860円

アウトドアブランドTHE NORTH FACEの「フラットケースS」が、そんな梅雨シーズンに最適なんですよね。

容量は1Lで、手のひらより少し大きいくらいのサイズです。

クリアウィンドウで中身が確認できるのがめっちゃ便利。プリントされたロゴもバッチリ映えてますね!

見た目の通り、かな~りコンパクトなので、今回の中身はサイフ、スマホ、ポケットwi-fiの3つのみ

細かいものならまだ入りそうですが、極力身軽に出かけたい私にとっては、この3つが鉄板です!

[ザ・ノース・フェイス] 防水ケース ジーアール フラットケース S ブラック

[ザ・ノース・フェイス] 防水ケース ジーアール フラットケース S ブラック

¥4,860 Amazonで見てみる

雨も怖くないワケは

厳選した3つのアイテムは、それだけ大事ですし、絶対に濡らしたくないモノばかり……。

このフラットケースはゴアテックス素材でできていて、防水性能が抜群なので安心!

ベルクロを開いてみると折り込まれた部分があり、その中にはインファスナーが付いています

ベルクロ、折り込み、ファスナーという3重構造が、上からの雨の侵入をガッチリ防いでくれます。

水をかけてみましたが、ゴアテックス素材のケース自体も、当然の如く水を弾いてくれます。

もちろん中身も一切濡れてませんので、これからくる梅雨でも財布とスマホが浸水する心配はないな……!

首からぶら下げれば調子良いね

防水バックインバックとしても優秀なのですが、上部についたドローコードで首から下げれば、立派な身軽スタイルに

コードの長さも調節できるので、短めなら首かけ、長めにして肩掛け、という風にもできます。

けっこう細いコードなので、長時間つけていると痛くなってしまうので、かける位置を少しずつ変えてあげるのがオススメ!

留め具には金属性のリングが入っているので、ちぎれてしまう心配もありません。

フェスで激しくノっても大丈夫そうです!

登山では濡らしたくないモノたちを守る

防水のケースは、梅雨シーズンの登山では必需品

中に地図、ヘッドライト、ライターなど、これは絶対濡らしたくないというものを入れておきましょう。

カバンの中に入れておくのもよし、行動食などを入れてサコッシュのように使うのも良いですね!

地図、ヘッドライト、ライター、スマホ、行動食、サングラスくらいが容量の限界かな

このサイズだと行動中にも気にならないので、普通のサブバックよりもしっくりきてます。

残念なところ:入れすぎは厳禁

ここにはサイフ、スマホ、ポケットwi-fiの3つが入っていますが、横幅はパツパツに……。

実際、細かいものをたくさん入れても取り出すのが大変になったり、重みで細いコードが食い込んだりで苦労することも……。

必要最低限なものを持ち歩くケースだと思って使うのが無難ですね!

ちなみに、私が使っているSサイズだけでなく、M~Lサイズも展開されていますよ。

アクティビティは身軽に限る!

フェスやキャンプなどのアクティビティの時に、細かいものたちを入れておく、第3のポケットのような心強い存在になります。

激しく動いても落ちないし、これがあれば、ポケットがないけどお気に入りのスカートやパンツを履くことだってできる!

サコッシュよりもミニマムだけど、守備力強めの「GRフラットケースS」、かなり使えます。

ジーアールフラットケースS [THE NORTH FACE オンラインストア]

[ザ・ノース・フェイス] 防水ケース ジーアール フラットケース S ブラック

[ザ・ノース・フェイス] 防水ケース ジーアール フラットケース S ブラック

¥4,860 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:



ちゃなまる

街で暮らし、山で遊んでいます! 珈琲が好きです、どれくらい好きかというとカツ丼くらい好きです。

feature

たくさんの荷物を持たず、構えず、身軽に爽やかにタウンを歩く。そんなイージーなライフスタイルをご紹介。さぁ「ミニマリスト」から「ミガリスト」へ!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking