Fukuko

Fukuko

84
18

いよいよ関東でも梅雨入り。そして同時に梅の季節も到来です

雨で出かけられない日は、梅干しを漬けたり、梅酒を仕込んだりと、梅しごとが捗ります。

そんな保存食づくりにうってつけなのが、無印良品の保存ビンです。

保存食づくりにもぴったりな「果実酒用ビン」

無印良品「果実酒用ビン 約2L」1,790円(税込)

毎年、梅とハチミツで梅シロップを作っているわが家。

そこで便利なのが、無印良品の「果実酒用ビン」です。

サイズは写真の2リットルの他に、1リットル、4リットルの3種類が揃っています。

大容量でもスッキリとしたフォルムと、私の手が小さいということもありますが、こぶしが入っちゃうくらい広口なのも使いやすいです。

¥1,091

梅シロップを作ってみると…

実際に、わが家で作っている梅シロップを、この「果実酒用ビン」で作ってみました

用意するのはたったこれだけ。

梅の実 1kg
ハチミツ 1~1.5kg

ビンは必ず煮沸消毒して、清潔なふきんの上で乾燥させてから使いましょう。

消毒した意味がなくなってしまうので、ビンの口や中をふきんで拭いたり、手でさわったりしちゃダメですよ~。

凍らせると早くできるよ

楊枝などでつつくように梅の実のヘタを取ったら、ビンに梅を入れます。

このとき、梅を冷凍しておくと、シロップがはやくできておすすめですよ〜。

カチンコチンに凍った梅をビンに入れたら、あとはハチミツを注ぐだけ

できれば毎日、ビンの上下を返してまんべんなく梅が浸かるようにします。

梅を凍らせて浸ければ、2~3日目で飲めるように。

梅のエキスがしっかりハチミツに染み出すまで待てば、よりおいしく出来上がります。

密閉性もバッチリ

ビンはひっくり返しても中身が漏れない、しっかりとした密閉性

さらにはフタについているシリコンにも工夫が!

発酵食品を入れるとビンの内側の圧力が高まってしまったり、逆に中身が冷えると内圧が下がってしまったりして、フタを安全に開けられなくなってしまうことも……。

そんなときはこのシリコンについた突起部分を引っ張れば、フタに空気の通り道ができるので安全に開けられます

シリコンは簡単に取り外して洗えるので、衛生面も安心

レシピブック付きもうれしい

梅シロップは水や炭酸水で好みの濃さに割ってどうぞ。

焼酎などで割れば、梅酒とはまた一味違った梅カクテルも楽しめちゃいますよ。

保存ビンはこのほかにも、らっきょうを漬けたり、ピクルスを作ったり……いろんな保存食に使えます。

レシピブックも付いていますよ!

まずは簡単で、お子さんもいっしょに家族で楽しめる梅シロップから、保存食づくりスタートしてみませんか?

[無印良品]

¥1,036

あわせて読みたい:



Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

feature

Oferte-noi.infoスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by

Ranking