岩澤 はるか

岩澤 はるか

111
16

人混み、排気ガス、満員電車……。

息苦しい都心での生活に疲れたら、やっぱり人はマイナスイオンを求めたくなるもの。

だけどもし遠くへ行かずとも、家に帰ってこんなにたくさんのグリーンがお迎えしてくれたら、どんなに癒されることか……。

造園家が作る“家”…?

オフィスや商業施設のグリーンをプロデュースする、株式会社緑演舎。

今回そんな緑演舎が、個人住宅向けのグリーンプロデュース事業をスタート

「住宅そのものを造園の視点でプロデュースしていく」という発想の元、新たなハウジングスタイルを提唱していくんだとか。

プロデュースするのは外構エクステリア、ガーデン、屋上庭園、バルコニーガーデン、壁面緑化から、インテリアグリーンといった家の中に至るまで、住環境にまつわるグリーン全て

戸建て住宅からマンションまでの幅広い住居が対象で、デザイン設計・施工に加えてその後のメンテナンスまでを実施してくれるそう。

グリーンのある暮らしを実現するなら、作って終わり、ではなく、その後も一緒に成長していけることが大切ですね。

インテリアグリーン人工観葉植物、新ユッカ3本立て陶器鉢受け皿付き・光触媒製品

こちらもおすすめ:インテリアグリーン人工観葉植物、新ユッカ3本立て陶器鉢受け皿付き・光触媒製品

¥13,300 Amazonで見てみる

緑と人が繋がるきっかけをつくる

都市に住んでいると、敷地面積の問題や維持することの難しさから、庭を持つことは敬遠されがち……。

それでもやっぱり緑溢れる暮らしに憧れるのは、日本人特有の美意識からくるものなのかも。

古来より日本には庭という文化があり、植物を通じて季節の変化を感じるなど、緑は人の暮らしと密接に繋がっていました。
その繋がりを現代においても残し、広めていく。
暮らし方が変わった今だからこそ、緑と人が繋がるきっかけをつくることで暮らしを豊かにしたい。

緑演舎はそんな使命の元、今回の事業に乗り切ったそう。

7月よりサービススタート

「造園家がつくる家」は、現代のライフスタイルの需要にあわせて、2019年7月より首都圏エリアを中心に展開される予定。

グリーンに囲まれたマイナスイオン溢れる暮らし、ぜひとも取り入れてみたいものです……。

緑演舎

【鉢カバー付】アレカヤシ8号鉢

こちらもおすすめ:【鉢カバー付】アレカヤシ8号鉢

¥8,980 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:



岩澤 はるか

好きなものはグレッチのギター、塩バターあんぱん、シメサバ、珈琲屋らびっと、いんでいら道玄坂、ジャックパーセル、ポーターのサコッシュ、PASS THE BATON、ヘリーハンセンのバックパック、本屋さんに置いてあるジャンク品。 好きな人は椎名林檎、望月ミネタロウ、坂元裕二、岸田繁、西加奈子、あばれる君。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking