ナガソクミコ

ナガソクミコ

53
21

梅雨が明けると、暑い夏がやってきます。

寝苦しい夜をどうやって乗り切ったらいいのか……中川政七商店で、いいアイテムを見つけました!

「塩」だけで作られた枕だと…!?

中川政七商店「ひんやり塩まくら」2,808円(税込)

それがこの「ひんやり塩まくら」。

塩でできた枕に、コットンのカバーがかけられた小さな枕です。

枕の中身は、不織布に入った塩が!

塩には温まりやすく、かつ冷めやすい性質があり、その特徴を生かした枕なんですね。

塩と聞くと固そうですが、中身はサラサラの塩なのでほどよい硬さ。

頭の形にフィットしてくれるので、低反発の枕のような寝心地なんです。

¥2,401

触ると、ほんのりとひんやり〜

触ってみると、少しだけひんやりとした感触

試しに温度を測ってみると……この日の気温は25度でしたが、枕付近の気温は21度くらい。

周囲の温度よりも、ちょっと気持ち低めな感じのようです。

カバーの布地のしゃりしゃりとした手触りも◎。

シャツのような肌触りでさらっとしているので、汗をかいてもべたつかないんです。

冷蔵庫で冷やして使うのもOK

寝苦しい夜には、冷蔵庫で冷やして使ってみるのも気持ちいいですよ〜。

氷まくらや冷却まくらのキーンとした冷えとは違って、優しく熱を吸収してくれるんです。

枕として使うのはもちろん、日焼けした首元などに当てて使うのもオススメです!

残念なところ:ちょっと小さいかも?

この枕、一般的な枕と比べると……ちょっと小さいんですよね。

横幅がおよそ23cmなので、頭をちょこんと載せて使います。もっと広範囲を冷やしたい!という人には物足りないかも。

普段はデスクで愛用中〜

ひんやりしたほどよい冷たさが気持ちいいので、普段はPCの脇に置いてアームレストとして愛用しています。

シンプルな色やデザインが視界の邪魔をしないので、見た目にもお気に入りです。

心なしか手首周りの血行がよくなって仕事がはかどるような気も……?

今年の夏は、塩枕でぐっすり眠ろう

使っていくうちに湿気を吸ってしまうので、そんなときは天日干しにして乾かしましょう。

ちなみにだいぶ使ってへたってきたな〜というときは、中身の塩をバスソルトやお掃除に使うことができるそう。

使い終わったあとも捨てずにまた使えるって、エコでいいな〜!

この「ひんやり塩まくら」があれば、これから訪れる寝苦しい夜も、心穏やかに眠れそうです。

[中川政七商店]

¥2,401

あわせて読みたい:


ナガソクミコ

1983年旭川市生まれ。高校卒業後東京にて、野外フェスのスタッフや自然食品店、古本カフェ、アウトドア雑誌編集部などを筆頭に、ありとあらゆるアルバイト経験。2016年に旭川市にUターンし、古い商店をリノベーション中。民泊×編集事務所「あさひかわ編集室」を主宰。Airbnbホストもやっています。https://www.airbnb.jp/rooms/20954739

feature

Oferte-noi.infoスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by

Ranking