Fukuko

Fukuko

182
41
1

アウトドアの照明、便利なLEDライトがいろいろ出ていますね。

機能性ももちろん大事ですが、グランピングなど、ちょっと雰囲気重視にしたいときもあるじゃないですか。

そんなときにピッタリなライトをT-siteで見つけましたよ。

ボトル、どんどん空けちゃって~!

Boottlelight 「ボトルライト ウォームホワイト・ブライト」 7,980円+税

ライトセーバーみたいな見た目が特徴的な、日本初上陸のドイツ製「ボトルライト」。

このままでも十分明るいですが、「ボトルライト」という名前のとおり、空いたボトルに挿して使います

ボトルを一石二鳥でつかえて持ち運び楽チンな上に、気分もアガりますよ〜!

LED Wine Bottle Light

LED Wine Bottle Light

¥6,876 Amazonで見てみる

ボトルに入れるだけ

使いかたは簡単で、アンティークボトルや、ワイン、ウィスキー、焼酎、日本酒などの好きな空き瓶の口から、このライトを入れるだけ

ワインボトルくらいの口径のボトルなら、けっこうなんでもイケちゃいます。

ボトルの色を変えれば、もちろん色も雰囲気も変わりますよ。

カットのあるグラスだと、底から広がる光がキレイです。

昼間に飲んだボトルをそのまま再利用できるので、一石二鳥!

造りもシンプル

電源は、単3電池3本

もちろん、コードなどは一切不要です。

この通り、どっち向きに入れるかシールが貼ってあるのですぐわかります。

覚えたら剥がしちゃってもいいかもですね。

電池を入れたら、フタをまわして閉めるだけ。

ボトルはすぐ空くでしょうし、こんなにコンパクトなので、アウトドアに持っていくにもかさばりません。

残念なところ:スイッチがない

これね、スイッチがないんですよ。

電池を入れた後のフタのしめ具合で、オン・オフも、明るさの調整もするスタイル。

まぁ、壊れる可能性のあるパーツは少ないほうがいいですが、ちょっと不安だし、特に明るさの調整はわかりにくいです。

ただフタのネジは長く、オフにしたときにフタが取れちゃうかも、という心配は無用です。

ちなみに、説明書は日本語ちょっとだけですが、イラストだけでほぼわかります。

暗いほうの15ルーメンで120時間、明るい40ルーメンだと40時間、連続使用できます。

もちろん、おうちでも活躍

「ボトルなら、うちにもたくさん空いたのころがってるよ?」という方も少なくないでしょう。

もちろん、おうちで使っていただいても雰囲気バッチリですよ!

お店のディスプレイ

インテリアとしても、食事用にキャンドル代わりの照明としても。

おうちでも活躍するなら、夏じゃなくても1年中使えちゃいますね。もう一本買っちゃおうかな~。

ボトルライト ウォームホワイト・ブライト[代官山T-site]

LED Wine Bottle Light

LED Wine Bottle Light

¥6,876 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:


Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

feature

外でしか使わないのは、もったいない…! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking