かとパン

96
13
1

近頃、アウトドア向けのSUV車などが増えてきましたね。

普通車から軽自動車まで、車種はイロイロとありますが、私が増税前にオススメしたいのは、4ナンバーの軽バン!

キャンプ・登山・ウォータースポーツなど、幅広くアウトドア楽しむ人に乗ってもらいたいな~!

大容量の空間が広がる

HONDA「N-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(4WD/CVT)」 ¥1,691,280 (税込)

私が選んだのはホンダの「N-VAN +STYLE FUN」という軽バン!

2018年7月から発売されているのですが、今までのタイプからは比べられないほど進化した機能を持っているんです!

キャンプ行く時に最適かも!

助手席側は、軽バン初のピラーレス仕様を採用。開口した状態が広い……。

荷物の出し入れがしやすく、キャンプに行く際など、テントをはじめとした大きな荷物もストレスなく積み込めます

さらに助手席とリアシートがフラットになり段差がゼロに!

積載面も侮れません。 最大スペース長が263.5cmもあるので、自転車やミニバイクなどの縦長の荷物もバッチリ収まります。

身長160cmの私が手を伸ばして寝転がっても、まだ余裕がありました!

【Amazon.co.jp 限定ブランド】NSTILE by NAPOLEX 車中泊用カーテン リア用5枚セット UVカット率99% 透けにくい生地で外からの視線をシャットアウト 仮眠に最適 汎用品 NST-2

こちらもオススメ:【Amazon.co.jp 限定ブランド】NSTILE by NAPOLEX 車中泊用カーテン リア用5枚セット UVカット率99% 透けにくい生地で外からの視線をシャットアウト 仮眠に最適 汎用品 NST-2

¥3,889 Amazonで見てみる

車中泊にもってこい!

そしてリアシート側が、とにかく広い! ここにマットレスを敷けば、簡易ベッドのできあがり。

車中泊のときも、まるで自分の部屋のように、ゆったりくつろげます。

荷室高も136.5cmあるので、寝転がった時の圧迫感も少なめ。

車内の天井には、LEDランプが4箇所設置されているので、暗い中でも車中泊準備をスムーズに行うことができます。

またテールゲートの左右の壁には磁石がくっつくので、対応するフックを取り付ければ、上着や手袋をかけて収納をすることも可能です。

物がゴチャつきやすい車中泊には、この機能が便利に働いてくれますよ~。

安全面も考えられてます

HONDA独自の安全運転支援システム「Honda sensing®」を搭載

車線維持支援、誤発進抑制機能など、10個もの先進機能を備えています。

何やら難しい言葉が並んでいますが、設定もハンドルに付いているボタンを押すだけなのでとってもシンプル。

ただ、このシステムを過信せずに、ドライバー自身が安全に気をつけて運転することも大切かな、と思ったり。

また、「N-VAN +STYLE FUN」の特徴でもある丸目のヘッドライトはフルLEDライトなので、夜間走行中も道路を明るく照らしてくれます!

オートライトコントロール機能付きなので、点灯のし忘れもありません。

フロント部分も開放的なので運転中も周囲の状況を見渡せて、危険も察知しやすいつくりになっていると思います。

燃料タンク容量が少ないのは……

荷室が広い分、4WDで燃料タンク容量25Lと少なめ……

私の場合、約400km走るとガソリンランプが点灯するペースです。

長距離運転が多い方は、頻繁に給油しないといけないので面倒かも……?

ジブン色に染めちゃおう!

荷室をもっと快適に使うため、コンパネで台を作って設置

上下に収納スペースができたので、綺麗なものは上・汚れものは下に分けて収納ができ、さらに効率良く荷物を詰み込むことができるようになりました。

N-VANは自分好みにカスタマイズできるのも魅力のひとつ! 居住性をもっと高めるために、次は棚でも取り付けてみようかな~。

Honda N-VAN[HONDA]

【Amazon.co.jp 限定ブランド】NSTILE by NAPOLEX 車中泊用カーテン リア用5枚セット UVカット率99% 透けにくい生地で外からの視線をシャットアウト 仮眠に最適 汎用品 NST-2

こちらもオススメ:【Amazon.co.jp 限定ブランド】NSTILE by NAPOLEX 車中泊用カーテン リア用5枚セット UVカット率99% 透けにくい生地で外からの視線をシャットアウト 仮眠に最適 汎用品 NST-2

¥3,889 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:



スポーツインストラクターとして活動しながら、山を駆け回り獲物を捕獲する猟師という一面も持つ、サバイバル系女子。普通の登山も好き。

feature

増税、それは恐怖。溢れんばかりのモノへの愛にブレーキをかけ、カートに入れていたモノさえも欲しいものリストに戻してしまう…。そこで今こそ、「増税前、コレは買い!」なモノを、Oferte-noi.infoスタッフの私物から特集します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking