Writer

ライター一覧

  • 山村光春

    山村光春

    6posts

    カフェ、インテリア、食、海外文化などのジャンルにおける書籍や雑誌、広告などの編集・執筆を手がけるBOOKLUCK代表。東京と長野の両方に拠点を持ち、これからのよりよい暮らしのかたちを模索しながら活動しています。

  • 山崎 俊輔

    山崎 俊輔

    51posts

    本業は年金・投資教育を専門とするFP(ファイナンシャルプランナー)。ググるとネットのいろんなところでコラム書いてます。Twitterでは1000日連続でお金の知恵を配信中。副業はオタク。マンガ、アニメ、ゲームなんでも楽しむ。ブラタモリ的街歩きも大好き。

  • 山崎 佳

    山崎 佳

    27posts

    1983年生まれ。長野県出身。多摩美術大学卒業後、ジュウ・ドゥ・ポゥムのデザ イナーとして仕事をしながら、2013年「」を立ちあげる。著書に 『TODAY'S BREAKFAST』(主婦の友社)、『I MAKE BREAKFAST』(ジュウ・ ドゥ・ポゥム)など。1児の母。

  • 安福みき

    安福みき

    11posts

    女性が女性らしく生きるために必要なものは、“美味しい食事とピンヒール”。そして、究極のアンチエイジングのために“適度な運動もマスト”と気づいた最近、アラフォーの体にムチを打ちつつ、代々木公園をランニングするのが日課。男性ファッション誌『SENSE』の「大人のローカル飯」担当編集者。メンズ2人に女子1人の子供の母、42歳。心は女子!

  • 西 泰宏

    西 泰宏

    4posts

    1986年生まれ。二児の父。デザインとマーケティング界隈に生息しているフリーランサー。記事はベビータッチケア講師の妻と共に執筆しています。

  • ヨリエ・スディラジェンコフ

    ヨリエ・スディラジェンコフ

    199posts

    1974年生まれ。百貨店、IT系企業などを経て、前職は大手ネットショッピングモールのPR担当。「クレイジー=褒め言葉」と信じて疑わず破天荒な人生を送ってきたさなか、「ライフハッカー[日本版]」での恋愛記事執筆のお話をもらい、ライター業へと足を踏み入れたのが数年前。特技は手強いデザイナーズマンションを自分色に染め変えてしまうこと。モノとデザインに妥協はないが時折自分に大幅妥協してしまう、エセロシアンな妄想好き自由人。

  • 吉川 晶子

    吉川 晶子

    95posts

    東京生まれ、大家族育ちのライター・編集者。ライフハッカー[日本版]、マイスピの編集スタッフを経て、現職に。映画・フィギュア・マンガが好きで、ベランダ園芸とコーヒーのドリップも趣味です。

  • 優

    1posts

    「愛は食卓にある」というコピーが好きです。食卓と食材と生活の真ん中で、愛を見つけられる手助けをしています。

  • 浅田 よわ美

    浅田 よわ美

    6posts

    奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

  • yui

    3posts

    80,90年代のfunk musicが好きです。中野ブロードウェイによく出没します。

  • 山口雄太郎

    山口雄太郎

    2posts

    写真家、1987年長野県生まれ。大学在学中に海外旅行を通じて本格的に写真撮影を始める。2011年よりフリーランスとして活動し、現地で生活する人々に密着したドキュメンタリー作品などを制作。インドカシミール地方で出会った山岳地帯で生活する家族を撮影した「カシミールの家で」、ムンバイで洗濯を生業にするカーストの人々を撮影した作品「Dhobi Ghat」が2014年清里フォトアートミュージアムに収蔵される。2015年上野彦馬賞入選。

  • ロジマン

    ロジマン

    6posts

    4歳の男の子を育てながらライターをしています。家事や育児に使えるアイテムが大好き。ロボット掃除機ルンバとコードレスのダイソンを愛用。同じ子育て世代のお役に立てる記事を心がけたいと思います。

  • yutz

    yutz

    13posts

    雑貨・インテリアのスタイリストとして日本で活動後、2001年渡米。ニューヨーク・ブルックリンをベースに、食と食にまつわる文化を探求するローカリスト/ライター。2012年、食にまつわる様々な印刷物を出版するリトルプレス「」を立ち上げる。毎日の食事をドキュメントしたを毎食更新中。「一食入魂」がモットー。